ゼンハイザーHD598をリケーブル。取り回しが大きく改善。【HD599にも】

Gadget
スポンサーリンク

ゼンハイザーHD598をリケーブルする【HD599にも】

僕はゼンハイザー(Sennheiser)のオープン型ヘッドホン、「HD598」を愛用している。

その色合いから「通称:プリン」 と呼ばれるこのヘッドフォンは、多くのファンに愛されている名機だ。本当に良い音を鳴らしてくれる。

音の解像度がめちゃくちゃ高いわけではないのだが、
音の広がりやバランスがとても良く、音楽が気持ちよく聴けるポイントが抑えられていると思う。

ただ唯一の不満が付属のケーブル

ゼンハイザーHD598のケーブルは長く、大きい
  • 長さ3mと普段使いには長すぎる
  • ジャックは6.5mmの端子(ギターアンプとかに挿す太いやつ)なので、変換アダプターを使う必要がある
  • 変換アダプターの接触が悪いと、「ジジッ…」とノイズが出たり、片耳側しか音が出なかったりする
  • ケーブル径が太い。アダプター含めたジャック部が非常にかさばる

このケーブルによる取り回しの悪さが故に、
自宅でも音質を我慢しながらAirPods Proを使用する機会が多くなってきていた。

おとなしく最新のBluetoothヘッドフォンを買おうかとも考えたけれど、

自宅で使う場合オープンエアー型の方が聴き疲れないし、快適だ。
(Bluetoothヘッドフォンは外での利用を前提にしているので、音が漏れないよう密閉型しかない)

そこで再び「HD598」の利用機会を増やすべく、ケーブルを交換することにした。

※使用するケーブルは後継機の「HD599」(通称焼きプリン・Amazon限定のブラックモデル共に)などのHD500番台のヘッドフォンも同じなので、これらをお使いの方も読んでみて頂きたい。

ケーブルを交換

購入したケーブルはこれ。

HD598用の交換ケーブルを購入

編み込みのケーブルになっています。長さは1.2m
交換前のケーブルと比べ、圧倒的に細く、軽い

ゼンハイザーのHD5XX系のヘッドフォンに対応している。

僕はコンパクトなL字ジャックを選んだが、こちらで他の形状も紹介

交換の仕方

付属のケーブルを抜き、
新しいケーブルに交換する。

ただそれだけです。

図解:ケーブル交換の仕方

ヘッドフォン側の接続端子の溝もしっかりと彫られているので、カチッと接続できる。

ケーブルの端子

ケーブル交換後

HD598ケーブル交換後の姿

非常にすっきりしたルックスに。

音質面は交換前と変化は特に感じません。
よって満足。
(オーディオケーブルによる音質の差はおまじないのようなものだと思う。)

何より取り回しが良くなったのが最高です。

・Before

ケーブル交換前の使用イメージ

・After

ケーブル交換後の使用イメージ

変換ジャックもあると便利

iPhoneとiPadに繋いで使用することが多いため、変換ジャックも購入。

最近ではほぼ、どちらかの変換ジャックをつけて使用していますね。

まとめ

ケーブルを交換することで、お気に入りのヘッドフォンがさらに活躍できそうです。

なんでもっと早くやらなかったんだろう。。

ヘッドフォンケーブルにお悩みの方はぜひ交換をしてみてください。
利便性が劇的に改善するかもしれません。

※形状はお好みで

いずれもゼンハイザーのHD5XX系ヘッドフォンに対応しています。

ストレートタイプのジャックがお好みの方はこちら

L字ジャック(ケーブルが編み込み式ではない)が良い方はこちら

Woodhifi SHC リケーブル オーディオケーブル ヘッドホン ヘッドセット用 ケーブル ステレオプラグケーブル Sennheiser HD598 HD558 HD518対応に対応 1.2m マイクなし
Woodhifi

コメント

タイトルとURLをコピーしました