話に説得力を持たせよう「AREA」の法則

Life
スポンサーリンク

話に説得力を持たせたい

会社や学校などで

自分の考えをうまく伝えられていない

と感じることはありませんか?

私は10年ほどシステムエンジニアとして働いており、
職場ではロジカルなコミュニケーションが求められます。

上司やお客様と会話をしていて

しっかりと考えを伝えるられることもあれば、
時に上手くいかずに落ち込むことがあります。

良い時と、そうでない時の違いはなんなのか

ときどきは見つめ直してみることも大切です。

自戒の念も込めつつ

  • ダメな伝え方
  • 自己主張に役立つフレームワーク「AREA」

についてまとめていきます。

ダメな伝え方とは

要点がつかみづらい

この人は結局何が言いたんだろう?

そう感じる場面、
経験があるのではないでしょうか。

主な原因は「一番伝えたいポイント」が整理できていないことにあります。

  • 多くを話し過ぎてしまう
  • 話の構成が悪い

これらは聞き手の消化不良を招く原因となってしまいます。

説得力が弱い

2つ目の要因は、
言いたいことは分かるれど、そが正しいかはわからない

という状態です。

  • とにかく言いたいことを言っているだけ
  • 自信はあるが根拠がない

これでは相手を納得させることはできません。

「周りの人を巻き込むこと」は仕事でもチームスポーツや学生生活でも
多くの場面で必要になります。

「伝える」ことをしても
相手に受け入れてもらえなければ意味がありません。

共感や意思決定を促すためには
主張 + 裏付け をセットで伝えることが重要になります。

「AREA」法とは

話し合い・会議のイメージ

良い伝え方をするために次のことに気を配る必要があります。

  1. 話の目的を明確にする
  2. 根拠を述べて説得力をもたせる

では、具体的にどうしたらよいのか。

このポイントを自然と実践できる自己主張のフレームワーク(方法論)「AREA」法です。

「A」「R」「E」「A」の順に話を組み立てることで、
ロジックの通った伝え方をすることができます。

Assertion:主張

まず初めに「一番伝えたいこと」から話します。

結論(=話のゴール)を先に提示してあげましょう。

最初に結論を述べることで、
聞き手はこれから話がどこに向かって行くのか
を頭に置きながら話を聞くことができます。

例)私にはダイソンのドライヤーが必要です。

※日常的な議題で考えてみます。

Reason:理由

次に “なぜ” そう考えるのか、理由を述べます。

例)

なぜなら、

このドライヤーは風量がとても強く、

“生活の質”を向上させることに繋がるからです。

Evidence / Example:根拠・例示

次に理由の根拠や例を提示します。

これが説得力を持たせるための裏付けとなります。

いくつか挙げても良いと思います。

例)
① 「髪を乾かす」という何も生み出さない時間を削減することができます。

② 熱ではなく風で水分を飛ばすため、
髪を痛めず良いコンディションを保つことができます。

Assertion:再主張

最後にもう一度「一番伝えたいこと」を繰り返し
相手にアピールします。

例)これらの理由から、私にはダイソンのドライヤーが必要だと言えます。

このように、A・R・E・A の順に話を組み立てることで、

  • 言いたいこと(主張)が明確になる
  • ロジックが通る
  • 説得力を持つことができる

そのため、
「良い伝え方」が自然とできるようになります。

もう一つのメリット

客観的な改善ができる

伝え方を改善する上で「AREA」法は有効なメソッドです。

こういった方法論を取り入れることのメリットは、

「理想(=今回の場合 AREAで話せているか)」と
「実際(=現状の話し方)」
との間にあるギャップを認識できることだと思います。

よくないパターン:改善できない状態

話がうまくいった場合
  • 話してすっきり、おしまい
話がうまくいかない場合
  • 他責の念を持つ(「なぜ相手は理解してくれないのか…」)
  • 不要な自己嫌悪(「自分は話がヘタなんだ…」)

これではいつまで経っても改善されることなく、
同じスパイラルを繰り返してしまいます。

また、今回うまくいったとしても次回もうまくできる保証はありません。

よいパターン:改善できる状態

話がうまくいった場合
  • AREAに沿って論理を通すことができたから、説得力のある話ができたんだ
話がうまくいかない場合
  • E (根拠)の部分が弱かったな…
  • 最後のA(再主張)が抜けたから、印象が弱くなってしまったんだ…

AREAを意識することで、
その骨組みを意識して話ができたのか、振り返り(改善)がしやすくなります。

うまくいかない原因が
「人(自分・相手)」ではなく、
「話」にあると考えることができます。

無駄に落ち込んだり、人のせいにすることがなくなれば
メンタル面でも好影響を及ぼします。

またうまくいった時はその理由がわかっているため、
次回以降の再現性につながります。

まとめ

自己主張のフレームワーク「AREA」法をご紹介してみました。
いかがだったでしょうか。

私自身、時々振り返りたい内容なので
頭の整理とともに記事にしてみました。

円滑なコミュニケーションの役に立てればと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました